お問い合わせはこちら

東京 ☎03-3259-1511 メールでご相談>

大阪 ☎06-6292-1511 メールでご相談>




ヨーロッパ最古の国境を持つ、多様性に富んだ国ポルトガル


ヨーロッパのイベリア半島南西部に位置するポルトガルは,東と北の国境はスペインと接し,西と南は大西洋に面したヨーロッパ最西端の国です。日本とのつながりは1500年代からで教科書でもお馴染みの鉄砲伝来やフランシスコ・ザビエルなど意外につながりは深いです。食事なども大西洋の海の幸に恵まれていて,料理の素材に魚介類が多く使われ日本人と同じくイワシやタコを好んで食べる食文化があります。北部の都市ポルトから出荷されるポートワインは有名で,世界中で愛飲されています。またファドという大衆歌謡が有名で,ポルトガルギターなどの伴奏で人々の細やかな感情を哀愁たっぷりに歌います。リスボンだけの滞在でも世界遺産やグルメなど、他のヨーロッパの国々に負けない魅力はあります。日本の4分の1と国土も狭く主要都市は列車で移動が可能ですので、ポルトやコインブラなど他の都市を含めてポルトガルをじっくり周遊するのがお勧めです。

リスボンページトップへ>

リスボン
Lisbon
レトロなムード漂う路面電車で
「7つの丘の町」リスボンを巡る。

ヨーロッパの中で最西端の首都リスボンは、古きよき情緒を今なお残す魅力的な町。大西洋に注ぐテージョ川に面し、7つの丘からなる起伏の激しい町並みには坂道も多く、変化に富んだ風景が楽しめます。町を網羅する路面電車で石畳の狭い道をガタゴト揺られながら、あちこち巡ってみるのがお薦め。リスボンの下町ともいえるアルファマ地区は、丘の上にそびえるサン・ジョルジェ城をはじめ、迷路状の路地が続き、庶民の暮らしが垣間見られるエリアです。夜にはポルトガル民謡のファドのライブ演奏を楽しめる店もたくさん見つかるはず。またテージョ川に面したべレン地区では、輝かしい大航海時代の名残である発見のモニュメントやベレンの塔、壮麗なジェロニモス修道院などが必見です。


ポルトページトップへ>

ポルト
Porto
起伏に富む丘陵地帯に造られた
ポルトガル第二の都市。

ポルトガル北部、リスボンより北へ300kmはなれたポルトは、この国第2の都市であり、長い歴史を誇るポルトガル発祥の地としても知られています。ドウロ川に面した丘陵に広がる歴史地区は、リスボンに似て起伏に富んでいる地形なので、やはりレトロな市電が走りムード満点。町を見下ろす丘の上に建つカテドラルやクレリゴス教会、旧市街にあるバロック様式の華麗なサンフランシスコ教会やアルハンブラ宮殿を模して造られたポルサ宮など、見どころがいっぱいです。ドウロ川の遊覧船に乗れば、川から旧市街の美しい風景を一望できるのでお薦めです。またポルトで忘れてはいけないのが名産の芳醇なポルトワイン。町のワイナリーでのテイスティングもぜひ体験してみたいものです。


コインブラページトップへ>

コインブラ
Coimbra
今でも黒いマントの学生が行き交う
ヨーロッパ最古の大学都市。

首都リスボンから列車で北へ約2時間あまり。ポルトガルではずせない大切な見どころのひとつがコインブラです。人口は約13万人という小さな地方都市ながらその歴史は古く、古代ローマ時代に遡ります。そして、中世の時代1290年に建てられたコインブラ大学は、なんとヨーロッパで最古の大学なのです。今なおこの大学には伝統的な黒いマント姿の学生たちが行き交っています。昔ながらの建物が密集した町中には、ポルトガル唯一のロマネスク様式の旧大聖堂があり、まるで要塞のような茶色い姿を見せています。またポルトガルの宗教史上もっとも重要な存在であるサンタ・クルース修道院にある壮麗なファサードや美しいアズレージョ(ブルーの絵タイルの絵画)も必見です。


オビドスページトップへ>

オビドス
Obidos
「谷間の真珠」と呼ばれる
城壁に囲まれた小さな町

オビドスは城壁に囲まれた「谷間の真珠」と呼ばれるかわいらしい小さな町です。 ローマ時代に築かれた城壁に囲まれ、中世の姿を今に残しています。城壁の中は 石畳の落ち着いた町並みで、陶器や編みカゴを並べたお店をのぞきながらゆっく り散策するのはおすすめ。小さな町ですが、居心地のよいホテルに宿泊して、郷 土料理を楽しむのもいいですね。


エヴォラページトップへ>

エヴォラ
Evora
城砦に囲まれた世界遺産の古都

ポルトガル南東部、アレンテージョ地方の古都エヴォラ。まわりには緑の丘陵と田園風景が広がる自然美に溢れた町は、ローマ時代に建てられた城砦に囲まれています。ローマ時代に始まり、イスラム教時代、キリスト教時代と、幾多の歴史の中で生まれた建築物の数々が渾然一体となって存在する歴史地区は、まるで博物館のように魅力的で、ユネスコの世界遺産にも指定されています。1584年にエヴォラを訪れた天正遣欧少年使節ゆかりのカテドラルも、町の旧市街にあります。そこでは使節団の伊東マンショと千々石ミゲルのふたりがパイプオルガンを弾いてその腕前を披露したという逸話があるのです。ローマ時代の遺跡であるディアナ神殿や数々の教会に修道院、大学や美術館なども見どころも多彩です。